養老保険 

養老保険は他の保険商品のように保障には余り重点が置かれておらず、どちらかと言えば銀行などの預貯金に近い非常に貯蓄性の高い保険です。そのため、この保険には最低限の保険機能はついていますが、保障の点からはあまり期待できない保険となっています。

 

この保険の最大の特徴は、契約者が死亡したときの保険金と満期保険金が同額であるという点にあります。仮にこの保険の契約者が保険期間中に死亡した場合、残りの保険料の支払いは免除され、満期保険金と同額の死亡保険金を受け取ることが可能となっています。ただしこれは保険料を積立形式で支払った場合に限ります。保険料を一括で支払った場合、このメリットを受けることはできないので注意が必要です。

 

また、この保険では将来お金が必要になりそうな時期に満期日を合わせておくことができるため、銀行などで預貯金をするのが苦手だという人でも将来の資産の形成が比較的簡単に行うことができます。一部の企業では従業員の退職金の代わりとしてこの保険を利用しているところもあります。

 

この保険では将来の資産の形成を比較的簡単に行うことが可能となっていますが、万が一保険の契約期間中に解約をしなければならないといった状況になった場合、解約によって元本割れしてしまうことがあるので、その点には注意が必要となってきます。

}PgžxQ

コメントは受け付けていません。