逓増定期保険

}PgžxQ

 

逓増定期保険は一定額の保険料で、保険金が加入期間に応じて増額する仕組みになっています。

 

逓減定期保険とは正反対ですが、20年から30年以上と長い期間期間となっているのが特徴です。

 

また、保障額の増加分は契約当初の保障額の5倍以内とされています。

 

逓増型は保険料が高いため個人よりも、法人向けの保険です。

 

個人で掛けることが多い逓減型は子どもの成長に応じて保障額が減る分、定期保険と比べて保険料も割安です。
これに対して法人は従業員の年金や退職金、あるいは運営資金などを定期的に蓄えておく必要もあり、そこで活用されるのが保障額が上がっていく逓増型です。

 

しかも、解約返戻金は保険期間の早い段階で高くなる傾向があります。

 

高い保険料を掛けている分、解約返戻金が大きいのが逓増型で、満期保険金はないものの払い込んだ保険料に相当する額が戻ってくる点も魅力です。
注意する点としては契約当初の数年間は保障額が一定で、契約返戻金が低く抑えられている点です。

 

また、被保険者の年齢や契約形態などにより保険料の全額あるいは2分の1などを損金として計上でき節税対策になります。
満期の保険金を目的にするものではなく、万一のための保障と会社運営のための資金づくりの意味合いが強い保険です。

コメントは受け付けていません。