退職金積立保険

近年あらゆる企業で退職金積立保険に加入しているところが多くなっている。

 

少し前までは、個人が契約者となる個人年金保険や変額年金保険が主流となっていましたが、最近では経営者が契約者となる保険が注目を集めています。

 

実際の仕組みとは、法人保険すなわち経営者保険では、会社社長や役員以外に、従業員に対しても保険をかけることができ、その保険料は、会社でが支払うということになっています。

 

この保険では、保険会社への払い込み保険料が半額になったり、金額が経費扱いになるので、節約できるメリットがあります。

 

普通の保険では、万が一のときに保険金が支払われる場合が多くありますが、この退職金積立では、保険に加入しながら退職のときに保険金が手に入るものなのです。

 

最近では、長年企業に貢献し一生懸命働いてきたサラリーマンでも退職金が少なかったり、不正に支払われなかったりと問題が色々とあります。

 

この保険ではそのような問題をなくす働きも持っています。

 

また、利益を平準化して積み立てながら、退職金を支給でき、預金と分別管理することから資金が散逸しにくく、退職金積立不足を防ぎ財務体質を強化できるので、企業にとってもメリットがあるので、これから加入しようと考えている経営者様にはとてもオススメの保険です。

kaigo03_l

コメントは受け付けていません。