法人向け損害保険の必要性

}PgžxQ

 

近年、8~9割りの企業が法人向け損害保険に加入しています。

 

これだけ多くの企業が加入している中、まだ加入していないところは高い保険料を払って本当に損害保険に加入する必要性があるのかと疑問に持つところもあります。

 

確かに保険に入るのは強制ではないので、無理にとは言いませんが様々なリスクを考えると、加入していた方が会社のため、経営者や役員のため、そして大事な従業員のためにとあらゆる面で役立つのは目に見えてわかります。

 

まずは、法人向けの損害保険とは大きく分けて四つに分かれます。

 

それは、火災保険と損害賠償保険、そして貨物・運送の保険と興行中止保険です。

 

最初の二つが特に加入率が多いです。家事や災害にあったときに会社全体が燃えて跡形もなくなったらどうしようもないです。

 

しかし、少しでも損害保険金があれば、それでどこにか賄えることもあります。

また、お客様に提供した自社商品になんらかの不備があって、お客様に怪我をさせた場合なども損害保険で対応をすることが可能です。

このように損害保険とは企業にとって、大きな財産や物やお客様などはとても大事なものであり、それらがなくなれば会社として成り立たなくなるので、是非加入されることを推奨します。

コメントは受け付けていません。