生産物賠償責任保険

}PgžxQ

 

 

近年、多くの企業が生産物賠償責任保険に加入しています。

 

特に海外輸出をする企業様は8割方加入しているのが現状です。

 

しかし、一言でこの保険の名前を聞いてもどういう制度なのか、それは必要なのかが分からないひとは多くいるでしょう。

 

まず、この保険とは自社で製造または販売した製品を自社の仕事に起因して、他人の身体や生命に害を与えたり、他人の財物を破損や汚損した場合に自社が法律上の損害賠償負担をすることによって、それを保険会社からの保険金でお客様に支払うという制度です。

 

例えば、生産物のリスクとして、電化製品会社で言えば、自社製品のテレビから火がでてお客様の家が焼失した場合大変なことになります。お客様に責任はないのに、大事な財産がなくなってしまった。このようなときに保険の必要性が分かります。

 

また仕事の結果のリスクとしては、自社で取り付けた看板が急に落ちて、通行人の方が怪我をしてしまった。そ

の医療費を負担するのもこの保険の大切な役割です。

対象となる企業様は多岐に渡り、食品を取り扱うデパートや百貨店、スーパーなどから工事現場の方まで様々です。身近に起きる損害だからこそ、企業には大切に思って考えていただきたい損害保険なのです。

コメントは受け付けていません。