個人情報漏えい保険

近年、多くの企業が個人情報漏えい保険に加入しています。

 

この保険はその名前の通り、個人情報の漏えいを防ぐためのものです。

 

しかし、この保険の必要性とはどのようなものなのか細かい部分まで把握しているひとは少ないでしょう。

 

例を挙げれば、もし個人情報を一件でも外部に漏えいさせてしまうと、企業は事故対応を迫られます。

 

また、対応を誤ってしまうと、企業全体のイメージ低下や、取引の相手からの取引停止などにもつながりかねません。

 

さらに、多くの被害者から慰謝料などの損害賠償を請求される可能性もないとは言えません。

 

最近では、パソコンのウイルスが生じて、その起因が第三者によって個人情報が奪われたからだという事件もあり、また従業員の手違いでメール送信を違った相手に送ることもあるかもしれません。

 

そのようなことが起きることがあるので、この保険はとても大切だと言えます。

 

補償内容としては、現時点で働いている従業員だけでなく、給与情報、人事評価情報や履歴書など、退職者や入社希望者の個人情報が漏洩した場合も補償の対象です。このような補償もあるので、まだ加入していない企業には是非早めの対策のために保険に加入することが最善です。

}PgžxQ

コメントは受け付けていません。