長期平準定期保険

}PgžxQ

 

 

近年多くの企業で長期平準定期保険に加入しているところが多くなってきました。

 

一言でこの保険とはどういうものか理解するには難しいのですが、この保険内容やメリットを知ることができれば良さが分かってきます。

 

まず、この保険とは定期保険で普通の定期保険よりも期間が非常に長く終身保険に似ているのが特徴です。

 

また、解約返戻金がとても高くなるため、企業の中では役員の退職金の準備金として活用されるのが非常に多いです。

 

保険期間から言えば、95歳満期や100歳満期の設定が一般的です。法人の税務の取扱いでは、支払った保険料の2分の1が損金処理できるので便利です。

 

また、解約返戻金の詳しい内容とは、加入後長期間経過すれば支払った保険料の100パーセントに近い金額が返戻金として戻ってきます。

 

保険料は個人が契約する定期保険よりも割安になっているため、経営者退職金の準備金としての役割も果たします。

 

また、保険会社によって様々ですが、保険料を低く設定することもできる保険も提供しているところもあります。

 

保険金額はおおよそ1000~5000万円で契約する方が多くいらっしゃいます。

 

企業の方でまだこの保険に加入していないところは、経営者や役員の退職金の準備金として活用することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。